若年層に人気のかわいい家を建てたい人のためのガイド

老後のことを考える

手と家の模型

段差をなくしていくこと

注文住宅を岐阜県で建てるときは、デザインや間取りを重視しましょう。将来の子供のことや自分の趣味など夢は広がります。そして岐阜県でも長く住むことを前提として注文住宅を建てる場合、老後のことも考えなくてはなりません。対策はどのようにすればよいのでしょうか。岐阜県で注文住宅の設計をするとき、1日のなかで過ごす時間が長い場所は、南側に作るようにします。年齢とともに動き回ることが少なくなり、怪我や病気になると動けなくなることもあります。そのため過ごす時間が長い部屋や廊下などは、南向きの暖かい方向に作ることで快適に過ごせます。そして起床してから1日生活をして就寝するまでの寝室からリビング、トイレ、浴室は移動しやすくするため距離を近づけて設計すると良いでしょう。また手すりは健康なときは必要ありませんが、怪我などをしてしまうと必要になってきます。あとから取り付けることはできますが廊下やトイレ、お風呂場は事前につけておいても事故防止になるため安心です。そして全体的に段差をなくして、滑りづらくしていくことです。車椅子や怪我をしているときは、数センチの段差によって生活の質が変わってきます。またヒートショック対策として特に浴室やトイレ、洗面所の温度差を無くす設計にすることは必要です。自分でも温度差を無くす工夫はできますが、事前に暖房設備を付けると安心できます。岐阜県で注文住宅を建てるときの老後の対策は、これらのことに気をつけることで快適に生活することができます。